坪単価っていったい何だろう?(矢口渡専門不動産)|矢口渡 家・マンション・土地 売りたい・買いたい・借りたい イエステーション

セキュリティーアクションⅡ

お電話でのお問合せ

03-3750-8441

【営業時間】10:00~17:30 【定休日】原則年中無休

坪単価について

はてなちゃん

家を買う時に「坪単価」って言葉をたくさん聞いたけど、

じゃあこの「坪単価」っていったい何なの?

イエステーション矢口店 原さん

坪単価とは、家を建てる時の1坪あたりの建築費のことです。

一般的には建物の本体価格を延床面積で割った値が坪単価となり、

建築に必要な費用を算出する時の目安となります。

   本体価格÷延床面積=坪単価

例えば、30坪で1,500万円の場合、

   1,500万円÷30坪=50万円

になりますね。

はてなちゃん

でも、坪って普段の生活で使わないよね?

1坪って何㎡なの?

イエステーション矢口店 原さん

1坪はおよそ3.3㎡です。

例えば、平方メートル単位で記載されている物件の坪面積を知りたい時は、0.3025をかけると求めることができますよ。

   坪面積=面積(㎡)×0.3025

ちなみに1坪は2帖、つまり畳2枚分でもあります。

イエステーション矢口店 原さん

でも実は、坪単価は計算の仕方や含まれる費用などの違いで金額が大きく変わります。

なので、単純に坪単価を見るだけでは建築費が高いか安いかを判断することが難しいのです。

はてなちゃん

じゃあ坪単価は買う家を選ぶ時の判断材料として役に立たないの?

イエステーション矢口店 原さん

いいえ、目安を付けるという意味では参考になりますよ。

とはいえ、坪単価はいろいろな要素で変わるので、広告に出ている想定価格や想定床面積をもとに計算した坪単価からは、正確な家の価格を計算することができません。

そこで、坪単価を見る際には「延床面積か施工面積か」「別途工事費や諸経費などは含まない」「同じ面積でも坪単価が変わることがある」といったポイントに注意すると、一般的な坪単価の目安よりも高くなるか安くなるかのおおよその見当は付けられます。

はてなちゃん2

「延床面積か施工面積か」「別途工事費や諸経費などは含まない」「同じ面積でも坪単価が変わることがある」、3つもポイントがあるんだね!

はてなちゃん

でも、どれもピンと来ないなぁ・・・

1つ目のポイント、「延床面積」と「施工面積」って何が違うの?

イエステーション矢口店 原さん

「延床面積」と「施工面積」では面積に含める部分の違いがあります。

「延床面積」は建物の各階の床面積の合計です。

対して「施工面積」は、建築基準法で延床面積に含めない部分も含めた面積の合計です。

延床面積に含めないものには、ベランダや小屋裏収納、地下室、車庫、玄関ポーチなどが挙げられます。

なので、施工面積のほうが延床面積よりも広くなるので、施工面積で計算した坪単価は計算上下がります。

ちなみに、坪単価を計算する時にどちらを使うかは決まりがありません。

坪単価を見る時は、延床面積と施工面積のどちらで計算されているか

はてなちゃん2

そんな落とし穴が!

坪単価が安い家が実は施工面積で計算されていることもあるんだね!

はてなちゃん

じゃあ2つ目のポイント、

「別途工事費や諸経費などは含まない」ってどういうこと?

イエステーション矢口店 原さん

坪単価はあくまでも建物の本体価格を面積で割った値です。

つまり、地域や敷地の条件などによって異なる別途工事費や諸費用は含まないのが一般的です。

例えば、水道やエアコンなどの設備を設置するのにかかる費用や外交工事費、地盤改良費などの本体工事費以外の別途工事費用は坪単価に含まれないことがほとんどです。

また、ローンの手数料や税金、地鎮祭、上棟式費用などの諸費用も本体工事費とは別に必要なお金となります。

目安としては、

   坪単価×延床面積+(坪単価×延床面積)×2~3割

で見積もっておくと良いですよ。

はてなちゃん2

本体価格の2~3割増か!

家を建てる時に後から金額が増えるってよく聞くのはここなんだね!

はてなちゃん

じゃあ3つ目のポイント、

「同じ面積でも坪単価が変わることがある」ってどういうこと?

イエステーション矢口店 原さん

同じ延床面積でも家の形状によって本体価格が違うので、坪単価も変わります。

例えば、延床面積が同じ建物でも、シンプルな箱型の家より凹凸の多いデザインのほうが、以下のように外壁の面積が増えるため、その分、材料費も多くかかります。

坪単価図形
イエステーション矢口店 原さん

また、延床面積が同じでも設備や内装、外壁などをグレードアップすれば本体価格が上がり、坪単価が上がります。

イエステーション矢口店 原さん

逆に、設備や内装、外装などのグレードが同じでも、延床面積が小さくなった場合、坪単価は下がらないのが一般的です。

理由としては、延床面積が減ってもキッチンやバス、トイレなどの設備が減ることはないからです。

したがって、家が小さくなると坪単価は高くなる傾向にあります。

はてなちゃん2

いろんな理由で変わることがあるんだ!

単純には比べられないから内容もちゃんと見てねってことだね!

イエステーション矢口店 原さん

これらのポイントを知っていれば、坪単価を比べる時の根拠としては心強いですね!

とはいえ、坪単価はあくまでも目安。

正確な費用とは言い切れないので、そこは注意しましょうね。

一緒に閲覧される質問

質問一覧へ
ページの先頭へ