購入できる物件の種類|大田区の不動産賃貸ならイエステーション矢口店 株式会社げん

お電話でのお問合せ

03-3750-8441

【営業時間】10:30~17:30 【定休日】原則年中無休

店舗情報

イエステーション矢口店 株式会社げん

〒146-0095

大田区多摩川1-19-1

03-3750-8441

03-6715-4319

10:30~17:30

原則年中無休

■地元で10年の実績

会社概要

購入できる物件の種類を知っておこう

購入できる物件の種類を知っておこう

「マイホーム」と聞いて思い描くのはマンション?それとも一戸建て? または新築?中古? まずは購入できる住宅の種類や、メリット・デメリットを知っておこう。

マンションと一戸建てのメリット・デメリット

マンションと一戸建ての違いは土地・建物の所有の仕方にある

マンションは、複数の人が1つの土地・建物を分け合って所有するため、その使い方、暮らし方に一定のルールがある。これに対し一戸建ては、土地・建物の全てが自分の所有になり、自由に使える(暮らせる)のが魅力。一方、マンションは土地や建物の管理を管理会社に任せるのが一般的だが、一戸建てはすべて自己管理なので手間がかかる。そのほか下の表も参考にして、どちらが自分の理想の暮らしに合うか考えてみよう。

■マンションのメリット・デメリット

メリット

  • オートロックや多重ロックで、セキユリティ面で安心
  • 構造上、耐火性や耐久性に優れている
  • 冷暖房の効率が良い
  • 通勤に便利な駅近立地の物件が多い
  • 共用部分の管理は管理会社に任せるケースが多いので、メンテナンスがラク
  • 高層階なら眺望がよい
  • 基本的にワンフロアなので、自宅内の移動、家事などもラク

デメリット

  • 管理費や修繕積立金、駐車場代などを毎月支払う
  • 庭がない(専用庭付きの場合は別途固定費が必要)
  • 土地、建物の管理や修繕の方針を決める際、所有者の一定数以上の合意が必要
  • ペットが飼えない場合や、飼えるペットに制限がある
  • バルコニーや専用庭などの使い方に制限がある

■一戸建てのメリット・デメリット

メリット

  • 土地も建物も自分の資産
  • リフォームや建て替えなどが自由にできる
  • 庭などの外まわりも自由に活用できる
  • 敷地内に駐車場がある
  • 管理費や駐車場代など、購入後の固定費が不要

デメリット

  • 庭など、外まわりの手入れが大変
  • 冷暖房費などが高めになる場合が多い
  • 最寄駅まで遠い物件が多い
  • 将来的に、リフォーム代などのまとまったお金が必要になる
  • 年を取ると、階段の上下移動がおっくうになる

新築と中古のメリット・デメリット

建物・設備が最新型の新築か。価格重視で中古をとるか

最新の住宅性能や設備、何より「未入居」という状態にこだわるなら新築。一方、中古は新築に比べて価格が安いのが大きなメリット。ただし、中古の場合、入居する前に修繕やリフォームが必要なケースもある。どちらが良いか迷う場合は両方を見学して、「購入価格+入居に必要な費用(リフォーム代など)」を比べて決めるといいだろう。

■新築のメリット・デメリット

メリット

  • 建物も内装も新しく、きれい
  • 築年の古い中古物件と比べると、耐震性や省エネ性能など、住宅性能が高い物件が多い
  • 最新の住宅設備を利用できる
  • 建物の保証期間が長い
  • 税制などの面で優遇されている

デメリット

  • 中古に比べて物件価格が高め
  • 希望エリアに物件がない場合もある
  • 近隣にどんな人が入居するか分からない
  • 未完成で販売される物件の場合、実物を見ないで契約を決めることになる 

■中古のメリット・デメリット

メリット

  • 新築に比べて価格がお手ごろ
  • エリアを絞っても、物件を探しやすい
  • 実際の物件を見学し、建物の状態や、管理状況に納得したうえで購入できる
  • 近隣にどんな人が住んでいるか、事前に確認しやすい
  • リフォームすれば設備を新しくしたり、好みに合わせてアレンジできる。最近は、設備などの改修とともに新たなライフスタイルを提案する「リノベーション」物件も豊富

デメリット

  • 内装や設備の状態により修繕やリフォームに別途費用が必要になる
  • 新築と比べると、断熱性や耐震性など、住宅性能が低い傾向
  • 住宅ローンの返済期間が制限される場合がある

一戸建ての種類とメリット・デメリット

建売住宅を買うか、土地を買って家を建てるか

新築一戸建ての場合、建売住宅を買うか、土地を買って家を建てるかという選択肢がある。建売住宅は、不動産会社等が家を建て、土地とセットで販売する住宅をいう。「土地を買って家を建てる」は文字通りだが、さらに「建築条件(一定期間内に所定の建築会社に家を建ててもらうという条件)」の有無によって2つに分けられる。れぞれのメリット・デメリット(下表)を参考に、自分の好みに合う形式を選ぼう。

■土地付きの家を買う「建売住宅」のメリット・デメリット

メリット

  • 土地+建物の価格が決まっていて分かりやすい
  • 土地と建物をまとめて住宅ローンを組める購入から入居までの手続きがラク

デメリット

  • 基本的に間取り、デザインは決まっている。未完成住宅の場合でも、大きな変更はできない

■「建築条件付土地」を買って注文住宅を建てるメリット・デメリット

メリット

  • 建売住宅に比べると、間取りの自由度が高い
  • 指定業者が決まっているので、建築会社を探す手間が省ける
  • 建築プランを活用すると、価格を抑えられる場合もある

デメリット

  • 決められた期間内に家を建てなければならない
  • 建設会社を自由に選べない
  • 自由設計に比べると、間取りやデザインの自由度が低い
  • 建売住宅に比べ、資金面(頭金等の準備や住宅ローン手続きなど)の手間がかかる

■条件なしの土地を買って、注文住宅を建てるメリット・デメリット

メリット

  • 間取りやデザインを自由に決められる
  • 自分の好みの建築会社に依頼できる
  • 土地を買ってから、建築するまでの期間に制限がない

デメリット

  • 建築会社選びから、間取りやデザイン、細部の部材に至るまで、すべて自分で確認しなければならない
  • 建築費用の管理が必要。こだわり過ぎると費用が高くなる傾向に
  • 建売住宅に比べ、資金面(頭金等の準備や住宅ローン手続きなど)の手間がかかる
駅前案内所電話番号
ページの先頭へ