住宅購入に必要なお金 大田区矢口の不動産 信頼と安心|大田区の不動産 売る・買う・借りる イエステーション

セキュリティーアクションⅡ

お電話でのお問合せ

03-3750-8441

【営業時間】10:00~17:30 【定休日】原則年中無休

住宅購入に必要なお金を把握しましょう

家を買う時には、物件価格以外にも様々な資金が必要となってきます。

ここでは、家を買う時や買った後にどのようなお金が必要になってくるかをチェックしましょう。

必要なお金の全体像

家を買うとなった時、単純に「物件価格」だけを考えがちです。しかし、実際には物件価格以外に、購入手続きにかかる初期費用や、購入後にかかってくる固定費などもあります。

まずは購入に必要なお金の全体像を把握しましょう。

不動産 購入 価格 物件価格

ここで注意したいのが消費税です。新築のマンションや一戸建ての「建物」部分には消費税がかかります。その時の販売価格は税込で表示されますが、検討時に確認しておくことが必要です。

一方で、「土地」や「個人が売主の中古住宅」の売買には消費税がかかりません。

購入時に必要なお金

ここでは購入時に必要なお金、いわゆる初期費用についてまとめていきます。

頭金

頭金は、物件価格のうち購入時に現金で支払うお金にあたります。

最近では頭金が0円でもローンが組めることもありますがその分、住宅ローンの借り入れが増え、毎月の返済額がアップします。可能であれば物件価格の2割程度の頭金は用意しておきたいところです。

住宅購入に関わる諸費用

住宅購入時には、住宅ローンの借入費用や不動産登記にかかるお金、家具購入や引越し代金など、さまざまな初期費用が発生します。

どのようなお金が必要になるか具体的にチェックしていきましょう。

不動産購入取得に関わるお金

申込証拠金(購入代金の一部)

申込証拠金とは、新築マンション等の購入申込時に不動産会社に支払うお金です。申込みを撤回する場合は返金され、契約に至る場合は手付金の一部となります。2万円~10万円が目安で、中古物件など仲介会社が入る物件は必要ないケースがほとんどです。また、新築でも申込証拠金が不要な物件もあります。

手付金(購入代金の一部)

手付金とは売買契約時、売主に支払うお金です。購入代金の5%~10%程度が一般的ですが売主と買主の合意によって決まるため、これより多くなるケースもあります。最終的に代金の一部に充てられます。また、手付金は契約を破棄する場合、返金されないので注意が必要です。

印紙税

印紙税は売主と交わす売買契約書に印紙を貼る形で支払われる税金です。契約金額に応じて金額が変わります。

仲介手数料

仲介手数料とは、中古物件や一部の新築一戸建てなど、仲介会社を通して物件を購入する場合に仲介会社へ支払う手数料です。「物件価格の3.3%+6万6000円」(消費税10%の場合)が上限となります。

不動産取得税

不動産取得税とは、不動産を取得した際に一度だけ支払う税金です。

固定資産税・都市計画税

固定資産税や都市計画税は、1月1日の不動産所有者に対してかかる税金です。不動産購入時は日割り金額を売り主に支払うことが多いです。

登記費用

登記費用とは、不動産登記(所有権の保存または移転など)や抵当権設定登記の際に必要な登録免許税や、司法書士に依頼する場合の報酬です。

ローン契約に関わるお金

印紙税

印紙税はローン契約書に印紙を貼る形で支払われる税金です。契約金額に応じて金額が変わります。

ローン借入費用

ローン借入費用では、事務手数料やローン保証料、団体信用生命保険特約料、火災保険料などが必要になります。金額は金融機関やローン商品によって異なります。

その他の費用

修繕積立基金

修繕積立基金は新築マンションを購入する際に支払うお金です。地域や物件、住戸の広さによって20万円台~40万円台と幅があります。関東地方は40万円台の物件も多いです。

水道負担金

一戸建てを購入する場合など、新たに水道を利用する際に必要には、水道負担金が必要になる場合があります。自治体によって、必要かどうかや金額も異なります。

引越し費用

現在の住まいから新居に引越すためには、引っ越し費用が必要になります。間に仮住まいの期間が発生するなら、その分の費用も必要になります。

家具購入費用

新居の購入にあたっては、家具や家電などを新たに購入したり買い替えたりするケースが多いです。

必要な諸費用の目安

一般的な3LDK~4LDKの住宅を例にすると、以下の通りになります。

ただし、実際の金額は購入物件やローンの借り方によって異なり、条件によっては下記の目安より高くなることもあります。正確な金額は担当者に確認しましょう。

新築マンション

物件価格の3~5%

【例】6,000万円の新築マンションで180万~300万円
   これに加えて、引越し費用や家具購入費用などが必要です。 

中古マンション、新築・中古の一戸建て

物件価格の6~13%

【例】6,000万円の新築マンションで360万~780万円

   これに加えて、引越し費用や家具購入費用などが必要です。 
 
※ 売主から直接購入する場合は、目安として表記より3%程度少なくなります。 

購入後にかかるお金

ここでは購入後にかかるお金についてまとめていきます。

住宅ローン返済

住宅ローンの返済は家を買った後、返済終了まで毎月行わなくてはなりません。

住宅ローンの返済期間は最長35年が一般的で、この範囲内で自身のライフプランに合った期間を選択できますが、20年~35年の長期間となる人が多くなります。

その間の返済を継続するため、今から家計管理をしっかり行う習慣をつけて、資金計画をたてておくことが有効です。なお、返済は毎月返済の他にボーナス時加算の選択もできます。

住宅維持・管理費

家を買うと住宅ローンの返済以外にも、住まいを維持管理していくためのお金がかかります。

特にマンションを購入する場合には、管理費などを毎月支払うことになるので注意が必要です。

すべての物件タイプにかかる諸費用

固定資産税・都市計画税

固定資産税や都市計画税はマイホーム等、所有する不動産にかけられる市町村税です。毎年1月1日時点の所有者に4~6月頃に通知されます。納税は6月(年4回分納可能)で、固定資産税について新築住宅は5年間の軽減措置があります。

マンションにかかる諸費用

管理費

管理費はマンションの共用部分の清掃や設備の管理、官営会社への支払いなどに充てられます。毎月1万円~2万円台が目安で、物件や住戸の広さによって異なります。

修繕積立金

修繕積立金とは、マンションの大規模修繕に備えて毎月積み立てるお金です。積立金額が不足すると修繕時に一時金が必要になることもあります。毎月5,000円~15,000円が目安です。築20年以上など築年の古い中古は高い傾向にあります。

駐輪場代など

駐車場を契約する場合、駐車場代が必要になります。その他、専用庭やルーフバルコニー付きの住戸の場合、その使用料が必要になることもあります。

一戸建ての場合も…

一戸建ての場合、マンションのように管理や修繕のための定期的な支払いはありません。

しかし、長い目で見れば修繕費用は必要になってきます。例えば、キッチンやお風呂などの水まわりの交換には200万~300万円ほどが必要になってきます。また、外壁や屋根の修繕にも100万~200万円の費用がかかります。

10~15年程度の周期でまとまったリフォームに対応できるよう、購入時からきちんと備えておきましょう。

ページの先頭へ