とりフォーラム

こんにちは、川瀬です。

もうすぐ5月ということで、ゴールデンウィークの連休も気になってくる時期ですね。

2018年は最大9連休なのだそうです。

ゴールデンウィークには、大田区内でもさまざまなイベントが開催される予定となっています。

例えば、大田区産業プラザで56日に開催される「とりフォーラム2018」。

今年で3回目を迎える人気イベントで、個性豊かな鳥モチーフのグッズが多数販売される催しです。

平和島にある東京流通センタービルでは、日本で最も古い室内骨董イベント「平和島全国古民具骨董まつり」が開催予定となっています。

この他にも、大小さまざまなイベントが開催されにぎやかなゴールデンウィークが楽しめるのが大田区の魅力!

まだお出かけの予定が決まらない人はもちろん、予定はあるけど近場でも楽しみたいという人はぜひ、矢口渡エリアをはじめとする大田区内へ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

スプリング・クリーニング

こんにちは、川瀬です。

4月も半ばを過ぎ、やっと春らしい気候を楽しめるようになりましたね。

明るい陽射しに気分も浮き立つ春の陽気はお散歩にぴったりですが、実はお掃除にも最適。この時期は家中の大掃除をしておきたいシーズンなのです!

春は意外とおうちが汚れる季節です。

空気が乾燥しやすく、春一番などの強風も吹くことの多いこの時期、窓や玄関の隙間、通風孔などを通じてほこりやチリ、虫などが家の中に入ってくることは少なくありません。

花粉やPM2.5など、目には見えにくい小さな汚れが空気中に舞いやすい時期でもあるのです。

実は欧米では春から初夏にかけて家の大掃除をする「スプリング・クリーニング」という習慣が昔からあるのだそうです。

気候が良く、水仕事も苦にならない春だからこそ、家中をピカピカにしておくのもいいかもしれませんね!

ケイティ・ペリー

こんにちは、川瀬です。

今日はちょっとびっくりなニュースをご紹介します!

アメリカの大人気女性シンガー、ケイティ・ペリーが、なんと大田区に来ていたかもしれないというのです!

ご存じない方のために補足しておくと、ケイティ・ペリーは全米1位のヒット曲を量産している大人気シンガーソングライターで、日本公演のため来日中とのこと。

恋人でハリウッド俳優のオーランド・ブルームも一緒に来日しているそうで、彼のインスタグラムには大田区で撮った桜の写真がアップされています。

もしかすると、ケイティも一緒に大田区を訪れたのかもしれませんね。

外国人観光客が続々と訪れる大田区ですが、ハリウッド俳優や世界的歌手も訪れる、とってもグローバルなエリアだといっても過言ではありません!

下町情緒もあり、桜をはじめとする自然もあり、観光スポットもある大田区に、ぜひいらしてみてくださいね!

新生活

こんにちは、川瀬です。

いよいよ4月に入り、新年度がスタートしましたね!

桜が花盛りだったこともあり、週末には桜の下で写真を撮る親子連れをちらほら見かけました。

ピカピカのランドセルを背負っていたので、この春から小学生になる子なのでしょうね。

さて、春は新しいスタートを切るのにぴったりの季節です。

みなさんは、この春どんなスタートを切りますか?

私はといえば、パソコン関係の資格を取るために勉強を始めようと思っています。

とはいっても、毎年春になると新しいことにチャレンジしたくなるものの、気がつけばゴールデンウィークが過ぎているという有様…。

今年こそは新しいチャレンジを実現したいと思います!

そんなこんなではありますが、新年度もイエステーション矢口店をよろしくお願いします!

卒業

こんにちは、川瀬です。

3月も後半に入り、卒業式シーズンも終わりましたね。

我が家では今年は「卒業生」はいませんが、家の近所や学校で親しくしていた子供たちが学校を巣立っていくと思うと、我が子でなくても嬉しいような寂しいような気持ちがこみ上げてきます。

話は変わりますが、大田区は東京23区の中でも人口が多い区です。

さらに、05歳の人口の多さも、23区内で第4位なのだそうです。

日本全体で少子高齢化が深刻化していますが、大田区は高齢者も子供もバランスよく居住しています。

これからファミリーで住まうエリアをお探しの方には、大田区はとってもおすすめです。

中でも東急多摩川線エリアや矢口渡駅周辺は、緑豊かで静かな住環境が整っています。

お引越し先を探している方はぜひ、一度いらしてみてはいかがでしょうか?

春の訪れ

こんにちは、川瀬です。

3月も半ばを過ぎ、温かい日も増えてきて春の訪れをようやく感じられるようになって来ました。

多摩川土手には早くも春の草花の姿が見えています。

たんぽぽやシロツメクサ、なずななど、春の多摩川はたくさんの花が咲き誇り、川から吹く風も気持ちが良くて、お散歩にぴったりの場所です。

桜も咲き始めますので、お花見ももちろん楽しめます。

川の流れは、見ていると悩みごとも一緒に流してくれるようで気持ちがすっきりしてきます。

お引越しをご検討中の方は、ぜひ矢口渡エリアをご覧になってみませんか?

川が近くにある暮らしは、自然と四季の移り変わりを感じさせてくれます。

歴史ある多摩川の存在をすぐそばに感じながら、新生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

ホワイトデー

こんにちは、川瀬です。

ホワイトデーがやってきますね。

バレンタインよりも盛り上がりに欠ける気がするのは私だけでしょうか?

世の多くの男性は、義理チョコへのお返しに悩んでいるところかもしれません。

我が家では、お情けの義理チョコをもらった長男のお返しについて、私が悩んでいます。

とはいっても、もちろん義理でももらってきたことは嬉しいんですけどね…。

男子本人はもらったら「ラッキー」くらいでお返しなんて特に意識していないのですが、親としてきちんと返さねばいけません!

ということで、女子を動員してお返しのクッキー作りを予定しています。

 我が家の男子が本命チョコをもらえる日がいつか来るのでしょうか。

まだまだお子様な男子を見ながら、つい遠い目になってしまう今日この頃なのでした!

平昌オリンピック

こんにちは。川瀬です。

2018年平昌オリンピックが終幕しましたね。

会場整備の問題や北朝鮮問題など、開催前にはいろいろと心配もありましたが、終わってみればやはり素晴らしいイベントだったと思います。

韓国らしさを全面に出した開会式・閉会式も印象的でした。

冬の競技は、夏とはまた一味違った面白さがありますよね。

人気の高いフィギュアスケートはもちろんですが、他の競技もとっても見応えがありました。

個人的にはスノーボードの平野選手を応援していました。

力強いパフォーマンスに感動したという人も多いのではないでしょうか?

そして、いよいよ次は2020年の東京オリンピック!

選手たちの熱い闘いを間近で見られると思うと、2年後が待ち遠しいですね!

大國屋

こんにちは。川瀬です。

冬は甘い物が食べたくなるのは、私だけでしょうか?

洋菓子はもちろんですが、熱いお茶と和菓子という組み合わせも冬にはぴったりだと思います。

ということで、今回は矢口渡にある和菓子屋「大國屋」をご紹介します。

「大國屋」は1938年創業の老舗で、店名が大きく書かれた看板が目印のお店です!

おすすめは、毎朝手作りされているモッチリした大福と、ごまくるみ餡がたっぷりと乗ったごま団子。

どちらも食べ応えがあって、とっても美味しい人気商品です。

店内には約40種類の和菓子が並び、変わり種フレーバーもあるどら焼きやお団子はどれを買おうか迷ってしまうほどです。

和菓子が食べたくなったら、ぜひ「大國屋」へ行ってみてくださいね!

明神湯

こんにちは。川瀬です。

1月は大雪が降り、厳しい寒さが続きましたね。

2月になってもまだまだ寒い日が続いていて、早く春にならないかな~なんて思ってしまう今日この頃です。

そんな寒さ厳しい折にぴったりのお風呂情報をご紹介します!

「雪印コーヒーの湯」です。

茶色と黄色のパッケージでおなじみの、雪印コーヒー。

愛飲しているという人も多いのではないでしょうか。

もちろん、私も大好きです!

そんな雪印コーヒーが、なんとお風呂に!

大田区南雪谷の銭湯「明神湯」にて、216日(金)~218日(日)の3日間のみ実施される、期間限定のとってもレアなお風呂なんだそうです。

色、香り、肌触りにおいて、本物の雪印コーヒーのような質感を再現するというこのお風呂、なんとも気になりますね!

はすぬま温泉

リニューアルしたはすぬま温泉

こんにちは、川瀬です。

もうすぐ1月も終わりですね。

2018年に入り早くも1ヶ月が過ぎようとしていると思うと、なんだかびっくりです。

暦の上では「大寒」ということで、1年で最も寒さの厳しい季節に入りました。

ということで、寒い日に行きたいおすすめのお風呂をご紹介します。

今回ご紹介するのは、蓮沼駅から徒歩2分の「はすぬま温泉」です。

なんと、20171216日にリニューアル開店したばかり!

木材の美しい木目を生かしたシックな外観がとってもオシャレです。

内装は梁を目立たせステンドグラスを嵌め込んだ独特なデザインとなっていて、少しレトロな雰囲気も味わえます。

フルリメイクされた浴室では天然温泉、炭酸温泉、水風呂を楽しめます。

寒さで縮こまってしまった体を、「はすぬま温泉」でゆっくりほぐしてみるのもいいかもしれませんね!

かまたえん

こんにちは、川瀬です。

今日は蒲田が誇る都内唯一の屋上観覧車についてご紹介したいと思います。

蒲田駅直結のデパート・東急プラザの屋上には、小さな遊園地があります。

その名も屋上「かまたえん」。

実はここに、都内唯一の屋上観覧車が設置されているのです。

1968年に設置されて以降、代替わりや閉鎖の危機などを乗り越えて今に至る、蒲田のランドマーク的存在です。

「親子3代で乗ったことがある」なんて人も多いのだとか。

デパートの屋上というだけあり、とてもコンパクトサイズな可愛い観覧車です。

料金は1周300円ですが、未就学児1人に対して16歳以上の保護者は1名無料です。

蒲田の街を見渡すカラフルな観覧車、ぜひ一度乗ってみてはいかがでしょうか?

成人の日

こんにちは、川瀬です。

お正月気分もすっかり抜けて、すっかり日常生活が戻ってきましたね。

先日は成人の日ということで、あちらこちらで着物姿の若者たちが街に彩りを添えていました。

着物業者のトラブルもあったりしたようで、直接関係のない身ですが気にかかりました。

トラブルも乗り越えて、新成人として明るい未来を歩んで行ってほしいですね。

大田区では総合体育館にて成人式が行われたようです。

式典の他、ステージアトラクションや写真撮影コーナーといった催し物もあり、賑やかな会になったのではないでしょうか。

少子高齢化が深刻化している中、こういった晴れやかな話題は心が明るくなりますね。

我が家の子供たちはまだまだ成人年齢には程遠いのですが、いつかこの子達も成人の日を迎えるのだなーと思うと感慨深いものですね。

2018年!

あけましておめでとうございます、川瀬です。

いよいよ2018年がスタートしましたね。

今年は箱根駅伝が例年以上に熱い盛り上がりを見せました。

みなさんもテレビなどでご覧になりましたか?

青学大の4連覇、すごかったですね!

1区ではランナーが大田区を通過し、六郷橋のあたりはレースが動き始める要所でもあります。

近隣住民の中には、実際にコースまで出向き目の前で観戦・応援するという人も少なくありません。

かくいう私も応援に行ったことがあります。

生で見るとランナーの走る速さに驚かされるんですよ~。

あっという間に通り過ぎてしまい、テレビで見るよりぐっと早く感じます。

今年は思わぬアクシデントや時間との戦いで、涙のシーンもありましたね。

ランナーたちのひたむきな姿を見て、今年も何かに一生懸命になれるようがんばろうと思いました!

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します!

2017年もあと少し…

こんにちは、川瀬です。

いよいよ、今年も残すところあと数日となりましたね!

「大人になると1年過ぎるのがあっという間」なんてよく言いますが、実際に自分が大人になってみると、1年が経つ早さに本当にびっくりしますね!

実はこの感覚、「ジャネーの法則」というのだそうです。

例えば、5歳の子にとって1年は人生の5分の1相当ですが、50歳の人の1年は人生の50分の1に相当します。

つまり、5歳の1日は50歳の10日にあたるので、時の経つのをより早く感じる…ということなのだとか。

年をとるほど、1年が経つのが早く感じられるわけなんですね。

感覚的な話しで言えば、今年よりも来年はより短く感じられるというわけです。

一日一日を大切に過ごさなくては、という気にさせられますね。

…ということで、2018年はより良い一年となるようさらに精進していきたいと思いますので、来年もイエステーション矢口店をどうぞよろしくお願い致します!

みなさま、良いお年をお迎えくださいね!

草津湯

こんにちは、川瀬です。

日が沈むのが早くなってきましたね。

冬至も近づき、いよいよ夜の時間が長い日が増えてくるなあと実感します。

寒い夜は広々としたお風呂で温まるのが一番ですね。

大田区にはスーパー銭湯が多くあり、個性豊かなお風呂が楽しめるので長くお風呂に入って体の芯からポカポカに温まることができます。

矢口渡駅から徒歩5分ほどのところにある「草津湯」(大田区東矢口)では、露天の打たせ湯や電気風呂、サウナなど施設も充実しているので長湯も苦になりません。

しかも、入浴料金も大人460円、小学生180円、未就学児80円ととってもリーズナブル!

そして…入浴後のお楽しみにはフルーツ牛乳がおすすめです!

日々の疲れを長湯で落とし、昔懐かしいフルーツ牛乳で明日へのパワーをチャージしてみてはいかがですか?

クリスマス

こんにちは、川瀬です。

いよいよクリスマスが近づいてきましたね。

さて、クリスマスといえばサンタクロース!

矢口渡駅のお隣である蒲田駅の駅ビル「グランデュオ蒲田」では、1224日にサンタさんとのグリーティング&撮影会が開催されるそうです。

子供たちの憧れの存在・サンタさんと間近に会えて写真も取れるこのイベント、各回先着20組限定ではありますが、ご予定が合う方はぜひ行ってみてはいかがでしょう?

お菓子配布もあるということなので、小さな子供たちにとって楽しいクリスマスの思い出作りに役立ちそうですね!

今年はクリスマスイブが日曜日ということで、家族や友人、大切な人と一緒にクリスマスを楽しむ人が多いのではないでしょうか。

みなさん、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね!

イルミネーション

こんにちは、川瀬です。

2017年も残り1ヶ月、今年は皆さんにとってどんな一年でしたか?

忘年会やクリスマスに年末年始など、一年の締めくくりとなるイベントが目白押しの12月。

先日は今年最後の満月が冬の夜空に冴え冴えと光り、我が家では家族揃って月の観察をしました。

さて、日が暮れると寒さが身に沁みるこの季節ですが、冬といえばイルミネーションが美しい時期ですね。

大田区では、羽田空港の国際線ターミナルがイルミネーションスポットとして人気です。

2017年は「羽田Sky illumination~誰も見たことのない光~」というテーマで、日本らしい美意識を取り入れた個性的な光の演出が楽します。

2018214日まで各日16時~翌1時の間点灯されるので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

12月

こんにちは、川瀬です。

12月になりました。

2017年も残すところあと1ヶ月となり、一年の経つのは早いものだなあと改めて感じます。

我が家では、このところクリスマスの話題がよく上がります。

子供たちはサンタさんに何をもらうか、おじいちゃんおばあちゃんに何をもらうかで、クリスマスへの期待が日に日に高まっている様子。

子供たちはクリスマスが気になって仕方がないようですが、大人は年賀状の準備や年末年始の過ごし方、大掃除の計画など、クリスマスより気になることが盛りだくさんの12月ですね。

毎年、クリスマスも年賀状もギリギリになるまで準備が整わない我が家。

今年こそは、計画的に時間に余裕を持って準備を済ませたいと考えています!

みなさんも、体調に気をつけつつ楽しい12月をお過ごしくださいね!

OKストア

こんにちは、川瀬です。

今日は毎日の買い物に欠かせない、スーパーマーケットのお話をしたいと思います。

私はもともと大田区の出身ではないのですが、大田区に住んでみてとても驚いたことがあります。

それは、「OKストア」の存在です!

大田区仲六郷に本社を置く「OKストア」は、通称「OK(オーケー)」と呼ばれる地域の方御用達のスーパーです。

とにかく何でも安いし、品揃えも豊富で家計の強い味方なんですよ。

京急線雑色駅前にあるジャンボサガン店は大きなビルまるごとが店舗で、特に買い物に便利です。

東急多摩川線沿線では、武蔵新田駅と矢口渡駅の間にある矢口店(大田区矢口2丁目)がおすすめです。

食品も日用品も安いOKがある矢口エリアは住み心地も買い物のしやすさもイチオシです!

シン・ゴジラ

こんにちは、川瀬です。

今日は先日テレビの地上波にて放送された『シン・ゴジラ』についてお話したいと思います。

ご覧になった方も多いかと思いますが、ゴジラが蒲田に上陸したシーン、印象的でしたね!

羽田沖の海中で怪しくうごめいたり多摩川河口をズルズル這い回ったりと、『シン・ゴジラ』と蒲田は切っても切れない関係でした!

蒲田上陸時は第2形態と呼ばれる、ちょっと魚のような外見で、SNSなどで「キモカワイイ!」と人気者になっていた様子。

確かに、ちょっと愛嬌のある目元がカワイイと言えなくもないような…?

その後、第3形態、第4形態と進化していわゆる「ゴジラ」の形になっていく過程も面白かったです。

まだご覧になったことのない方は、ぜひ一度見てみてくださいね。

ゴジラに破壊されてしまう蒲田周辺エリアにもご注目ください!

キヤノン

こんにちは、川瀬です。

今日は矢口渡の近隣有名スポット、「キヤノン本社」をご紹介したいと思います。

先日ご紹介した「ガス橋」からほど近い、下丸子3丁目にあります。

キヤノンといえば、日本が世界に誇る電気機器メーカーですね。

と、ここまで書いておいてなんですが、「キャノン」じゃないの?とお思いの方もいるかもしれません。

実は、「キャノン」は「キヤノン」と表記するのが正式です。

これは戦前から戦後にかけて「ヤユヨ」の小文字を大きさを区別せずに書いていた名残で、「キヤノン」ではあえて正式表記としてそのままにしているのだそうです。

さて、そんなキヤノン本社は、多摩川を臨む広大な敷地に建っています。

この中で世界に誇る商品の企画や開発などが行われていると思うと、地元として誇らしい気持ちになります!

ミッキー

こんにちは、川瀬です。

2017年も残り2ヶ月となってきましたね。

振り返ってみると、今年もさまざまなブームが起きました。

中でも、私が気になっているブームは、「コッペパン」です。

渋谷や新宿、上野に丸の内などの都心部はもちろん、千駄木や吉祥寺などにも専門店ができているようなんです。

そこでご紹介したいのが、矢口渡にあるパン屋さん「ミッキー」!(大田区多摩川2丁目)

矢口渡駅から徒歩10分の場所にあり、古くから地元のパン屋さんとしてできたての美味しいパンを販売しているお店です。

ごま風味のあんぱんや具だくさんのサンドイッチ、ふんわり食パンなど、どれもおいしいのですがここはぜひ、コッペパンサンドをお試しあれ!

昔ながらの温かみのある味わいが魅力の「ミッキー」のコッペパン、毎朝通いたくなる地元イチオシのパン屋さんです!

安方商店街

こんにちは、川瀬です。

今日は矢口渡駅近くの商店街をご紹介したいと思います。

その名は「安方(やすかた)商店街」!(東京都大田区東矢口2丁目)

こちらの商店街は、以前は「荏原高校通り商店街」という名前でした。

しかし、『地域に根ざした名前で店舗減の続く商店街をもう一度盛り上げたい!』ということから、20174月に商店街名を改名。

江戸後期の文献にも登場する「安方」という昔ながらの地名を復活させたのです。

誰もが安心して利用できる商店街づくりを目指し、街頭スピーカーや防犯カメラの設置、特売日である「夕市」の復活や特産品の開発など、商店街に活気を呼び込む取り組みが多数行われています。

10月末には商店街でのハロウィーンイベントも開催され、フェイスブックと連動した仮装コンテストも大盛況でした。

商店街が近くにある暮らしをしてみたい方は、ぜひ「安方商店街」もチェックしてみてくださいね!

新宿御苑

ラクウショウ

こんにちは、川瀬です。

11月最初の連休は、ぽかぽかと暖かくて素晴らしい秋晴れでしたね!

みなさんはどこかへお出かけしましたか?

我が家では、ふと思い立ち新宿御苑でピクニックしてきました。

新宿御苑では11月は菊の花壇や紅葉が見ごろを迎えます。

特に注目したいのが、「ラクウショウ」という樹木です。

漢字では「落羽松」と書くそうで、その名の通り鳥の羽のような形の葉を持つスギ科の高木です。

面白いのは、木の周辺に「気根」と呼ばれる根っこの一部がたけのこ状に地面から出ていること。

まるで木を守る小人が立ち並んでいるような、幻想的な風景を見ることができます。

都心のパワースポットと呼べる、自然豊かな新宿御苑。

芝生の広場ではお弁当を食べることもでき、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

秋晴れの日を自然に囲まれて過ごしたくなったら、ぜひ新宿御苑を訪れてみてはいかがでしょうか?

下丸子

桂川精螺製作所

こんにちは、川瀬です。

今日は矢口渡から2駅お隣の「下丸子」をご紹介してみたいと思います。

下丸子駅は、下町の雰囲気が残る町並みと住みやすさが人気のエリアです。

実はこの下丸子、ドラマや映画などのロケ地として有名なんです。

例えば、池井戸潤さんの名作をドラマ化した『下町ロケット』。

阿部寛さん演じる主人公が経営する「佃製作所」は、下丸子に実際にある企業「桂川精螺製作所」をモデルに撮影されました。

また、『それでも町は廻っている』というコミックの舞台として、下丸子の町並みが登場します。

こちらはヤングキングアワーズというコミック誌に201612月号まで連載されていた作品で、下丸子で育った女子高生の穏やかでちょっと不思議な日常を描いたコミックです。

どちらの作品も面白いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

作中に出てきたスポットを実際に訪れてみると、さらに作品世界に浸れて感動できますよ~!

ユザワヤ

こんにちは、川瀬です。

週末は大型台風の接近もあり、家で過ごしたという人も多いのではないでしょうか?

家で過ごす週末にオススメなのが、手作りホビーです!

手芸や洋裁、陶芸やシルバーアクセサリーなどの作品を作りながら、のんびりと時間を過ごすのも楽しいですよ。

矢口渡の隣駅・蒲田には手作りホビー材料の大型専門店「ユザワヤ」があります。

各種材料はもちろん、必要なものがセットになった手作りキットなども扱っていて、店内を眺めているだけでもかなり楽しいお店です。

ちなみに、「ユザワヤ」は蒲田が本店で、建物が567号館の3つに分かれています。

初めて行く人は必ずと言っていいほど「欲しいものはどこ?」状態になってしまうので、事前に何号館が目的地か調べておくと買い物がスムーズにできますよ!

こんにちは、川瀬です。

東京は寒い日が続いていますね。

すっかり秋も深まった様子で、金木犀の香りや足元のどんぐりにふと気付く度、秋だなあと感じます。

さて、秋といえば旬な食べ物が多くなる季節、実りの秋ですね。

多摩川にもたくさんの「実り」があります。

例えば川岸にはススキが揺れているのを良く見ることができますし、どこから種が運ばれてきたのか大根や小松菜などの野菜が自生している姿も見られます。

川の中にはテナガエビや鯉といった水生生物も元気に活動中です。

穏やかな秋晴れの日には、多摩川の岸辺を散歩しながら自然観察をする家族連れの姿も見られます。

大田区の中でも矢口渡エリアは、多摩川の自然をとっても身近に感じられる住環境が整っているんですよ~!

創造製作所 くりらぼ多摩川

こんにちは、川瀬です。

東京は寒い日が続いていますね。

今日は屋内で楽しめる、大田区ならではのスポットをご紹介します。

その名も「創造製作所くりらぼ多摩川」です。

「創造製作所 くりらぼ多摩川」は大田区矢口にある、地域の交流拠点です。【東京都大田区矢口1-21-6 (丸子幼稚園裏)】

工場長屋内にある旧工場・旧事務所部分を改修し、ワークショップや体験イベントの実施、ツアー窓口としての役割も果たしています。

大田区は最盛期には約9,000軒もの工場が軒を連ねていたモノづくりの町。

この歴史と技術をより多くの人に伝えるため、数年前まで現役で活躍していた町工場を拠点としてさまざまな情報発信を行っているのです。

イベント開催時以外は閉館していたのですが、現在はどなたでもお気軽に立ち寄っていただけるようにと『オープンDAY』を設け、毎週火曜&木曜日の11~16時にオープンしているようなので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

新田神社

テレビの撮影もよく行われる新田神社。
有名人に会えるかも…?!

こんにちは、川瀬です。

今日は矢口渡から程近いパワースポット「新田神社」【大田区矢口1丁目21−23】についてご紹介しますね!

新田神社は東急多摩川線・武蔵新田駅から徒歩約3分の場所にある由緒正しい神社です。

南北朝の武将・新田義興(よしおき)公鎮魂のために建てられた神社で、古くから「運を守る神」として崇められ、旅人の守り神としても信仰されてきました。

そんな新田神社、実は破魔矢の元祖なんです。

源氏の白旗から根付いたとされる竹を使い、江戸時代の蘭学者・平賀源内が矢守りを作ったことから始まったという新田神社の破魔矢。

いかにも霊験あらたかな感じがしますね!

また、ご神木であるケヤキは樹齢700年を超えており、触れると長生きや健康、若返りなどのご利益があるとされています。

都内でも有数のパワースポットとして人気の新田神社。

近くには縁故の古跡も多数あるので、ぜひ散策してみてくださいね!

ガス橋

こんにちは、川瀬です。

今日は「ガス橋」についてご紹介したいと思います。

「ガス橋」は多摩川にかかる橋の一つで、先日ご紹介した多摩川大橋より上流に位置する橋です。

名前が特徴的ですが、見た目はいたって普通の橋です。

ではなぜ、「ガス橋」だなんて不思議な名前なのかというと・・・実はこの橋、かつてはガス専用の橋だったからなんですね。

もともとは、東京ガスが鶴見製造所でつくったガスを東京に送るために、この「ガス橋」がつくられたのだそうです。

その後、周辺の橋の交通量が増えたため、車両の通行も可能になったという歴史があります。

徒歩や車で渡ると一見普通の橋ですが、河川敷の方から見ると橋の下側にあるガス管を見ることができます。

身近な歴史的スポットとして、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

運動会の季節

こんにちは、川瀬です。

先週末はあちこちの小学校で運動会が行われたようですね。

週明けには振り替え休校らしい小学生たちの姿が多く見られ、平日の街が少しにぎやかでした。

私などは運動会=秋というイメージなのですが、最近では春に運動会を行う小学校も増えているようです。

我が子の通う学校もそうで、5月に運動会を済ませています。

910月は残暑が厳しく、台風で日程がずれ込む可能性もあるので、春に運動会を行うところが増えているのだとか。

また、春の運動会は入学や進級後の最初の大イベントとなるので、クラスの友達と交流を深めたり学校になじみやすくするという狙いもあるのだそうです。

理由を聞けばなるほどと思いますが、小学校の定番イベントも年々様変わりしていくものなんですね!

多摩川大橋

こんにちは、川瀬です。

今日は多摩川大橋についてご紹介したいと思います。

 多摩川大橋は第二京浜国道が多摩川を渡る道路橋で、橋の間に東京都と神奈川県の境界線があります。

つまり、多摩川大橋を渡ることで東京都と神奈川県をまたぐことになるわけですね。

全長436メートル、幅員22.8メートルの非常に立派な橋です。片側3車線で歩道もあり、車でも徒歩でも渡ることができます。

多摩川の流れを見下ろす多摩川大橋は、景観スポットとしても人気です。

天気の良い日には川面を渡る風が気持ち良く、夕暮れ時の眺めも風情があるんですよ。

この多摩川大橋、実は日本で初めて水銀灯が灯された場所でもあります。

かの時代には、夜には真っ暗になる多摩川の上で水銀灯に照らされた大橋がゆったりと横たわる姿が、さぞ幻想的だったのではないでしょうか。

橋と灯りの歴史に思いを馳せて散歩するのも情緒が感じられて楽しいですよ~!

六郷用水

こんにちは、川瀬です。

今日は歴史的遺構である「六郷用水」【大田区西嶺町25-20】をご紹介したいと思います。

「六郷用水」というのは、江戸時代初期に開削された農業用水路です。

1597年に測量が始まり1609年に主要水路が完成、村々への分水路工事も含めると14年にも渡って工事が続いた大変規模の大きな用水路なのです。

その全長は30kmにも及び、約50の村が恩恵を受けたとされています。

完成後300年にも渡り、農民たちの暮らしを支えてきた歴史ある水路です。

 現在ではその役目を終えた用水路ですが、旧六郷用水に沿って散策路が整備されています。

用水路沿いに設置されたせせらぎやビオトープを眺めながら、江戸時代の暮らしぶりに思いを馳せてみませんか?

300年も続く水の流れと四季折々の風景は、大田区ならでは。

お散歩にも生活にも快適な魅力的な環境が整っていますよ!

神霊矢口渡

こんにちは、川瀬です。

今日はここ、「矢口渡」を舞台にした歌舞伎作品についてご紹介します。

タイトルは『神霊矢口渡』。その名もずばりですね!

 『神霊矢口渡』は、1770年に人形浄瑠璃で上演された戯作です。

作者は奇才と呼ばれた平賀源内で、上演後すぐに好評となり「江戸浄瑠璃の名作」とまで謳われる人気ぶりだったそうです。

その後、『神霊矢口渡』は歌舞伎にもなり、現在でも上演の続く人気演目として多くの人を楽しませています。

物語は、矢口の渡し場を舞台にした悲恋のお話です。

渡し守の父親とその娘、逃亡中の男女をめぐる、命がけの恋の物語なのです。

気になった方はぜひ、歌舞伎の舞台をチェックしてみてはいかがでしょうか?

矢口渡を舞台にした切ないストーリーに感動すること間違いなしですよ!

こんにちは、川瀬です。

まだちらほらとセミの声も聞こえますが、朝晩はめっきり涼しくなり秋らしい気候になってきましたね!

晴れて暑い日でも、風が爽やかだったりして過ごしやすくなりました。

そして昨日、スーパーで栗が売られているのを見つけました。

秋の味覚ですね~。

秋が旬の食べ物の中には、夏の暑さで疲れた体を回復させるものが多いのだそうです。

例えばサンマは、栄養価が高く胃腸を温める効果があるのだとか。

今年はサンマが不漁とのことで、あまり多く食べる機会はなさそうですが・・・。

他にも、サツマイモはビタミンが豊富で、消化器系の働きを高める効果もあるため、夏の暑さで疲れた体をサポートしてくれる食べ物なんだそうです。

なんだか秋になってから体の調子がイマイチ・・・と感じたら、秋の味覚でパワーをチャージしてみてはいかがでしょうか?

サッカー

こんにちは、川瀬です。

私事ですが、先週末は子供のサッカーの試合でした。

チームに同学年の子が少ないため普段は他校との試合ができない我が子ですが、今回は地域交流イベントということで、他チームと合流しミニゲームに参加してきました。

台風一過で真夏のような暑さの中、一人見知らぬチームに混じってサッカーを楽しむ我が子。

みな初対面でしたが、一緒にサッカーをするうちにすっかり仲良くなれた様子でした。

 ついこの前まで幼稚園児だった子供が、チームメイトと協力しながらボールを追っている姿を見ると、改めて成長を感じます。

真っ赤に日焼けした姿も、試合について生意気な感想を述べるところも、なんだかちょっと男らしさが増したような・・・?

ジリジリと照りつける太陽のおかげで、我が子がちょっぴりまぶしく見えた週末となったのでした!

文化祭

こんにちは。川瀬です。

 

先週末、近所の都立中学校の文化祭に行ってきました。

そこは中高一貫校ということで、校舎が広く出し物も多く、かなり見応えがありました!

最近、都立中学の受検者が増えているそうで、小学生の親子連れの人がとてもたくさん来ていたのが印象的です。

かくいう我が家も小学生の子供がいるので、何年か後にはそんな選択肢も出てくるのかもしれません。

子育て中のご家庭にとって、教育に関することはとっても気になる問題ですよね。

小中高の受験や習い事、お友達との関係など、心配の種は尽きません。

でも、子供が小さいうちは一緒に公園に行ったり休みの日はのんびり過ごしたりと、家族で一緒にいることを大切にしたいものですね。

私自身、子供が育つのはあっという間だなーと感じているので、先々のことより子供の今を大切にしたいなと感じる今日この頃なのでした!

ピーマン

こんにちは。川瀬です。

 

突然ですが、我が家の末っ子はピーマンが嫌いです。

末っ子だけでなく上の子たちも、ピーマンを嫌がります・・・。

料理に混ぜてもうま~くよけたり噛まずに飲み込んだりするので困ります。

 

しかし、そんなピーマン嫌いの末っ子に、先日驚きの変化が!

お友達のうちでお昼ご飯をごちそうになったとき、ピーマン入りの焼きそばを頂いたそうなのです。

感想を聞いてみたら、「おいしかった!ピーマン入りの焼きそばっておいしいんだね!」

と満面の笑顔!

 

よそのおうちで頂くご飯って特別な感じがするものですが、嫌がっていたピーマンさえおいしく感じるとはびっくりです!

(お友達のママが料理上手ということもある・・・!)

「うちでも作って」と言うので、ピーマン入り焼きそばで子供たちのピーマン嫌いを克服してみようかと思います。

ピーマン嫌いのお子さんがいるおうちの方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

もうすぐハロウィーン!!

こんにちは、川瀬です。

 

先日100円ショップに行ったところ、ハロウィングッズが大量に売られていました。

「もうハロウィン!?」と思いましたが、たぶんあっという間に10月になってしまうんでしょうね。

 

我が家は仮装したり家を飾りつけたりはしませんが、テレビや街中でハロウィン情報に接すると子供たちはウズウズするようです。

幼稚園の頃は学年全体でハロウィーンパーティーをしたり、仮装して近所を歩いたりしましたが、小学生になるとさすがにないかな・・・。

 

ちなみに、矢口渡から程近い川崎では、毎年盛大なハロウィンイベントが開催されており、なんと今年で21回目を迎えるんだそうです。

川崎のハロウィンイベント『カワサキ ハロウィン2017』では、参加体験型イベントやパレードなど楽しいプログラムがたくさん行われます。

街ぐるみのハロウィン、とっても楽しそうですね!

 

9月が始まった。がんばろう!ニッポン!

こんにちは、川瀬です。

9月ということでいよいよ新学期も始まり、我が家の子供たちも元気に学校に通う日々が戻ってきました。

今年の8月は、東京はぐずついた天気が多かったですね。

8月に東京で雨が降った日数は計27日間で、史上最多記録なんだそうです。

31日間のうち27日も雨だったと思うとびっくりですよね。

残暑は厳しくなると聞いていたのですが、今のところ涼しい日が続いて過ごしやすいというか、このまま夏が終わりそうというか・・・ちょっとさびしい気もしますね。

我が家ではせっかく買った子供の夏服が、あまり出番がありませんでした。

来年まで着られることを祈ります!

また、日照不足による野菜の価格高騰も気になるところ!

葉物野菜なんかはじわじわ値段が上がっているようです。

家計へのダメージがあまり大きくならないといいんですけどね・・・。

それでは、9月もよろしくお願いします!

 

ラゾーナ川崎

こんにちは。川瀬です。

 夏休みも終わり、気温も急に秋の気配です

矢口渡から車で15分ほどで川崎駅につきますが、今話題の東芝の工場跡地に快適にショッピングができるエリアが5年ほど前にできました。「ラゾーナ川崎」というショッピングモールです。こちらは川崎駅と直結しており、猛暑の中に出ずして施設内に入ることができます。

人気のアパレルブランドや飲食店、ベビー・キッズ用品店に大手電化製品店など豊富なお店が揃っており、ここだけで一通りの買い物が済むんですよ。先日、テレビで知ったのですが、日本で三本の指に入る集客力を誇るショッピングセンターだそうです。結構、売れてる芸能人もたまにきます。 

また、川崎駅周辺の地下道内にもさまざまなお店が揃っており、ウインドウショッピングも楽しいんですよ。

近隣にはシネコンや科学館もあり、親子でも楽しめるのが川崎の魅力です。

駅周辺で多彩な楽しみ方ができる街なので、ぜひ一度川崎を訪れてみてくださいね!

川崎といっても横に広いので、川崎といっても川崎駅に行くのも矢口渡周辺は近いので、住むにはとっても便利です。

 

 

大森のり

こんにちは。川瀬です。

 

今日は大田区の「海苔」についてご紹介したいと思います。

大田区というと工業の町というイメージが強いかと思いますが、実は海苔についても深~い歴史があるのです。

 

矢口渡からは少し距離がありますが、大田区大森は江戸時代から昭和初期まで日本一の海苔生産地でした。

1962年に東京湾が埋め立てられるまで、実に300年にも渡って良質な海苔を生産してきたという歴史があるのです。

 

一度は途絶えてしまった大森の海苔づくりですが、2007年にその歴史を復活させようという取り組みが始まりました。

「大森ふるさとの浜辺公園」で、現在もその取り組みは続いています。

 

京急平和島駅から徒歩15分のところには「大森海苔のふるさと館」があり、大森の海苔の歴史を楽しく学ぶことができます。

また、現在は海苔の養殖はしていないものの、古くから続く海苔問屋さんが多く残っているので、贈答品として「大森の海苔」を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

りんご公園

こんにちは。川瀬です。

連日の猛暑で早くも夏バテしそうです・・・。

 

休日はエアコンのきいた部屋でのんびり過ごしたい・・・と思いきや、暑くても元気いっぱいな子供たちのおかげで「多摩川二丁目児童公園(通称:リンゴ公園)」に行くはめになりました。

園内にりんごの木があり、実のなる季節にはりんごがなっているのを見ることもできる、珍しい公園なんですよ。

桜の木もあるので、春にはお花見もできちゃいます。

 

カラフルな複合遊具やブランコ、ベンチもあり、いつも近所の子供たちが遊びに来ている「リンゴ公園」。

トイレと水道もあるので、夏場も安心して遊べるます。

矢口渡駅周辺にはこうした児童公園がいくつもあるので、小さな子供さんのいるご家庭にも住みやすい環境なんですよ。

 

 

地獄の夏休み

代表の原です。本当に暑い日が続きます。今日からは、小学生になった娘も初めての夏休みです。うちの子は保育園育ちでしたので、夏休みは初めてです。親にとっては『地獄の夏休み』、少々夏バテ気味ですが、さらに夏バテしそうな気がします。

観光都市大田区!!

こんにちは。川瀬です。

 

先日、電車で外国人観光客の団体さんと乗り合わせました。

親子連れも多くて、小学生くらいの子が携帯型ゲーム機に夢中になっているのを見て、「どこの国でも同じなんだな」と笑ってしまいました。

 

日本全体がそうなのだと思いますが、外国人観光客の方、増えてますよね。

羽田空港が近いということも一因かと思いますが、京浜東北線や京急線では特に多い気がします。

大田区では「民泊」にも力を入れているので、他の区よりも外国人観光客の人が来やすいのかもしれませんね。

 

矢口渡はお寺が多くて散策によいエリアですし、駅前の商店街もいろいろなお店があって楽しいので、ぜひ観光客の方々にも訪れてほしいと思います。

もちろん、住むのもおすすめですよ! 

黒湯温泉

こんにちは。川瀬です。

 

突然ですが、大田区といえば、みなさん何を思い浮かべますか?

テレビドラマ『下町ロケット』から、町工場や工業地域をイメージする人も多いかもしれません。

 

しかし、実は大田区は都内で最も銭湯の多い「銭湯の町」でもあるんです!

大田区はもともと「黒湯」と呼ばれる温泉が広く分布しているエリアなんだそうで、この温泉を利用した銭湯が数多くあるのが特徴なんですね。

実に40を超える銭湯が現在も営業しており、スーパー銭湯などの充実した設備のお店だってあるんですよ。

 

昔ながらの番台のあるところや、背景画が売りのところなど、個性豊かなお風呂が揃っている大田区の銭湯事情。

みなさんも、ぜひ一度入浴しに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

もうすぐ梅雨明け

画像はイメージです(笑)

こんにちは。川瀬です。

暑い日が続いていますね。

梅雨明けももうすぐそこまで来ていそうですね!

 

夏の暑さも本格化してくる今日この頃ですが、我が家は西日が入るため、いかに遮光断熱するかが課題です。

カーテンを閉めるのが1番早いのですが、せっかくいいお天気なのに室内が暗くなるのは残念なんですよね。

 

グリーンカーテンをしようと思っていたのですが、種まきが遅くなり成長が間に合わなそう・・・ということで、立てかけるタイプの日よけを設置してみたら、これが思った以上に効果的でした!

 

直射日光が当たらないだけで室内温度がかなり違ってきます。

おかげでエアコンの設定温度も高めで保っているので、省エネにも良さそうです。

風が強い日は注意が必要ですが、日よけの設置、おすすめです!

蒲田

<歓迎> 羽根つき餃子 6個300円

こんにちは。川瀬です。

今日は蒲田についてご紹介したいと思います。

みなさんご存知の通り、蒲田駅はJRと東急線が乗り入れている大田区屈指の主要駅です。

駅前にはグランデュオ蒲田【大田区西蒲田7丁目68−1】や東急プラザ【大田区西蒲田7丁目69−1】などの商業施設に加え、スーパーや飲食店も多い、にぎやかな街となっています。

居酒屋さんなんかも多いので、学生さんやサラリーマンの方々にとってはおなじみの街といってもいいかもしれませんね。

そんな蒲田駅周辺エリア、隠れた餃子スポットだということをご存知ですか?歓迎

実は、羽付き餃子の発祥地としても有名なんですよ!

 東口中央通り近くの「春香園」【大田区蒲田5丁目22−1】や駅前図書館隣の「歓迎(ホアンヨン)」【大田区蒲田5丁目13−26 大田区生活センター 1階】など、昔ながらの名店の味をぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか?

 

<春香園>

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13057671/

<歓迎>

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13003304/

夏はすぐそこ!

こんにちは。川瀬です。
最近暑い日が多くなってきましたね!
夏もすぐそこまで来ているのでしょうか。

夏と言えば花火ですね!
矢口渡からほど近い多摩川でも毎年大きな花火大会が開催されます。
川に近いおうちでは、自宅にいながらにして花火を楽しめるという、なんとも贅沢な環境です。

これまで、川崎市主催の「多摩川花火大会」と世田谷区主催の「たまがわ花火大会」という2つの大きな大会が開催されてきたのですが、2017年はなんと同時開催が決定!


8月19日(土)には、多摩川の両岸で花火の競演が見られると言う素敵な年になっています。

例年よりもさらなる混雑が予想される今年。
有料スペースはすでに完売しているところも出ているので、早めにチェックしてみてはいかがでしょうか?

桜坂

こんにちは。川瀬です。

この前のお休みに、「桜坂」【大田区田園調布本町】に行ってきました!
歌手であり俳優でもある福山雅治さんの名曲『桜坂』のモデルとなった場所なんですね。
実は私、車で通ったことはあるのですが、ちゃんと訪れるのは初めてです。

矢口渡から「桜坂」までは少し距離がありますが、散歩がてらちょっと出かけるのにはいい距離なんですよ。
最寄り駅は東急多摩川線の沼部駅で、歩いて5分ほどで到着です。
名前の通り坂道で、しかも結構勾配がきつい・・・!
坂の両側には桜が並び、花の季節には多くの人が訪れる観光スポットとなっています。

初夏の新緑も美しく、桜並木に癒された一日でした!
まだ訪れたことがない人も、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

矢口渡

こんにちは。川瀬です。

先日、多摩川の土手【大田区多摩川2丁目】を散歩していたとき、「矢口の渡し」の解説版を読んできました。

 

実は私、大学のゼミで『東海道中膝栗毛』を扱っていたので、矢口渡と聞くとヤジキタ道中を連想してしまうんです。

気になったので改めて調べてみたのですが、直接的に矢口渡が作中に登場するのではないみたいで・・・記憶違いもいいところでした!

 

でも、六郷や矢口の渡しは、江戸時代はとても重要な舟渡し場だったんですよね。

それに、矢口の渡しは大田区内で最後まで渡し舟が残っていた場所でもあります。

江戸時代から続く歴史の残る場所として、矢口渡という場所はロマンを感じさせてくれますね。

多摩川の川べりで風に吹かれながら、ふとそんなことを思ったのでした!

お祭り

初めまして。

本日からこちらのブログを担当させて頂くことになりました、川瀬と申します!

これからどんどん、矢口渡大田区の魅力やおすすめ情報を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!

6月はあちこちの神社でお祭りが行われる時期ですね。

例年6月の最初の週末には、六郷神社【大田区東六郷3丁目】にてお祭りがあります。

大きな神輿が繰り出し、獅子舞や子供神輿も練り歩くので、六郷エリアはお祭りムード一色です。

週末にお祭りの音が聞こえると、なんだかワクワクしてきますよね。

お祭りといえば屋台!りんご飴にソースせんべい、わたあめ・・・

みなさんはお祭りといえば何が好きですか?

私はやっぱりヤキソバです!

お祭りのヤキソバって家庭の味とはまた違っておいしいですよね。

今年はたくさんお祭りの味を楽しみたいと思います!

矢口渡商店街 サンデーバザール

矢口渡の名物と言えば!

そう、『サンデーバザール』です。

週の真ん中、水曜日辺りに右の写真➡のような赤い旗が掲げられると、

その週末の日曜日に『サンデーバザール』という名のちょっとしたお祭り?が開催されます。

サンデーバザールは日曜日の午前10時から

2時間限定!!

商店街のスピーカーから田中星児さんの「ビューティフル・サンデー」が

エンドレスで流れ続けます。

 

矢口渡商店街【大田区多摩川一丁目】、様々な飲食店やスーパーがありますが、

このサンデーバザールの日はいつもよりも安く!色んな物が買えます。

中でも人気なのは、

商店街の中にある焼き鳥屋さん『鳥勢』【大田区多摩川1-20-12】のもつ焼きと持つ煮込み!

いつも行列です!!

 

おにぎり屋さんの『みなもと』【大田区多摩川1-21-10】では

かき氷を販売しています!

150円!激安!

 

この他にもパン屋さん『リヨン』【大田区多摩川1-21-9】や

中華料理屋さん『楽宴』【大田区多摩川1-20-14】などなど、

たくさん美味しそうなものを販売しています!

天気の良い日曜日の午前中はぜひ、

矢口渡商店街へ足を運んでみてください^^♬

矢口小学校 運動会!

あっという間に6月になりました。

先週末は大田区立矢口小学校【大田区多摩川1-18-22】運動会がありました!

運動会と言えばお弁当ですが、

うちは学校がとっても近いので、毎年家に帰ってお弁当を食べています!(うちは3人きょうだいでメンバーが多く場所も取るので…笑)

今年も暑かったので、エアコンで部屋をキンキンに冷やしてお弁当とアイスを食べました。(去年は家で素麺を流しました!)

今年のお弁当は娘のリクエストで、

『スパムおにぎり』『アジの南蛮漬け』をメインに作りました。

『スパム』はあまり馴染みのない食材かもしれませんが、沖縄ではいろいろな種類のスパムが売られていて、コンビニには『スパムおにぎり』が定番商品として置いてあります。

この『スパム』、輸入食材ということもあり、普通のスーパーではあまり売っていなかったり、値段が高かったりするのですが、

矢口渡駅徒歩4分のスーパー『西友』【大田区多摩川1-33-20】では他のスーパーより安く売っています。(そこまで言っておいて正確な値段は忘れたんですが…笑)

矢口渡の駅から商店街をまっすぐ多摩川方面に直進したところにあるスーパー『西友』は、アメリカのWalMartと提携しており、海外商品が豊富で比較的安く手に入るお店です!

食品だけでなく、日用品も海外の物がたくさんあるのでプチ海外旅行気分を味わえます。笑

というわけで、運動会、無事に終わって一安心です。

初めまして

こんにちは!

イエステーション矢口店のホームページをご覧いただきありがとうございます。

この度こちらのページを担当させていただくことになりました。

よろしくお願いします!

 

※画像は息子の誕生日に作ったナンバーケーキ。

私の趣味は、キャラクターのケーキを作ること

家の壁を飾ること(オシャレに言えばウォールデコレーション)←英語にしただけ

お酒を飲むこと、喋ることです。

 

趣味の詳細についてはまた追々。

興味がないと言われても、

矢口渡の地域情報と絡めつつ、絡まなくても

紹介していきたいと思います!

矢口・六郷専門の不動産会社、イエステーション矢口店
(株式会社げん)へのお問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

店長の落合和子です。

お電話でのお問合せはこちら

03-3750-8441

営業時間:11:00~18:00(原則年末年始)

※年末年始、お盆、台風の時などは、お休みをいただいております。また、初めてのお客様は、水曜日以外でお願いいたします。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-3750-8441

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

お客さまの声

親身に対応してくれた

マンションご購入 S・K 様
一戸建てからの住み替えで、マンションを探していました。接客態度がマニアル的ではなく、気持ちのこもった感じが伝わってきたのが良かった。

予想以上の品質でした

一戸建て購入 K・S様
初めて来店した時に、対応がとても親切で「ここの不動産屋でお願いしよう」と決めました。周りには川が流れ、水元公園もあり、空気が澄んでとても過ごしやすいです。思い切って引っ越して良かったと思います。
 

株式会社げん
イエステーション矢口店

03-3750-8441

住所

〒146-0095
東京都大田区多摩川1-4-3